読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rainbow Road & The Dreamland

バスケも楽しいし色々と語りたくなったのではじめました

連勝はいつかは止まる、大事なのはその次から

この事については後で詳しく書く仙台遠征の最中、阿部かまでひょうたん揚げを手に入れつつ「そういえばここも阿部だなぁ……そうだ、千葉どうなってるかな」とスマホを取りだしTwitterで状況を確認しました。すると。

 

大野HCとタイラー選手の二人が体調不良により2日間いないという衝撃の一報が。

 

まず、体調不良という事で大野HCとタイラー選手が大事でないと良いと思いました。どんな状況下は知る由もありませんが、試合に出られないという事はそれなりの状況というわけですから。回復を願うしかありません。

そして次にチームの状態が気になりました。京都の強さは新潟京都を見てとてもよくわかっていますし、栃木やアルバルクにも勝っているチームです。そこを相手にHC主力選手二人がいないという中で戦わなければいけない、というのはとてつもない難しい状況。気が気ではありませんでした。

目の前の試合(こちらは試合開始前でした)を楽しみつつも、そういえば……と速報をちらちらとしていました。

そんな中ではありましたが、1日目はぎりぎりの勝負を制しました。出先で知ってほっと安心したのをよく覚えています。難しい状況でありなおかつアウェイゲーム、そこでチーム一丸となり勝てたのはとても大きいですね。後から見た中継でもファンやブースターの声がよく聞こえていて、とても心強かったのではないでしょうか。

ただ、2日目はうって変わって完敗と言われても仕方のない結果でした。3Qの得点がわずか8点で、しかもターンオーバーが26ではこの結果も当然です。アルバルクと栃木も京都相手に星を落としていたので、ここで勝って差を詰めておきたかった所でのこの1敗は痛いですが切り替えるしかありません。

 

これで千葉の交流戦も終わり、いよいよ東地区での戦いに戻るわけですが、ですが…………やだやだ交流戦まだ続けてたい東地区に戻りたくないよジタバタジタバタ

…………ひとつ前でも同じような事を言っていた気がしますが、それはさておき現状ではワイルドカードでの優勝プレーオフ進出ではあるのですが、どうせならホーム開催権が取れるかもしれない上位2位に入りたいものです。その為には殆ど勝ちのない上位2つアルバルクブレックス相手に勝たなければいけません。その上で、更に好調の北海道、残留争いでもう負けられない秋田と仙台に対しても落とすことは出来ません。

次はその北海道です。一時は残留POも見えていましたがバチンスキー加入の辺りから持ち直し、ブザービーターでの逆転や新潟相手にオーバータイムでの勝利と調子が良い相手です。それに呑まれないように勝ちたいですね。

背中を追うために、まずは目の前の試合を勝ち抜く事からやっていきましょう。

 

 

 

このまま未勝利では終わらせられない

2連敗したら北海道に追い付かれる危険もあり背水の陣で挑んだアウェイ北海道戦。リアルタイムではなく見逃し配信で見たのですが、北海道のオフェンステーマKernkraft400なんですね。あと噂のガンバレレバンガもありました。確かにバスケの雰囲気とはちょっと違う、かも。

 

その北海道戦(旭川開催)、どちらも接戦となりましたが1日目についに連敗脱出。ダバンテ選手おかえりなさい、本当におかえりなさい。心から待っていました……。

チームの雰囲気が悪くなっていたのでたとえ外国人選手頼みであろうと何だろうと勝ちたい、という状況であったので、好調の北海道を相手に勝利できたのは良かったです。

2日目……?ああ、そういうのもありましたね…………。公威選手が通算5000点を達成したので、その勢いで勝って花を添えたかったのですが相手は好調の北海道、そうは行かなかったようです。オーバータイムに持ち込んで、というのがまた悔しいです。

負けてしまったのは帰ってきませんから、またもう一度勝ちを積み重ねていけば良いのです。幸いダバンテ選手と池田選手も戻りましたし、見通しは少しは明るいでしょう。さて、次の相手は…………。

 

よりによって川崎ブレイブサンダース……。そうでした、そういえば交流戦北海道で終わって次からは中地区との対戦に戻るんでした……。やだやだ交流戦まだ続けてたい中地区に戻りたくないよジタバタ

……現実に帰りましょう。実際問題として中地区では三遠に2勝2敗、渋谷に1勝4敗、川崎には全敗とあまり勝てていないため、ここでできる限り勝つのは当然の事です。そして川崎が強いのはわかってはいますが、1勝はしたいです。なんだか地区優勝が決まるとか何とかがあるようですが、勝てば無関係です。

後は三遠にも頑張ってもらってっと……。

 

こほん。今シーズン最後の新潟市開催です。強豪相手にいい所を見せたいですね。

Get the stars to you !

千葉!滋賀!佐賀……はない、滋賀戦でした。

ちなみにこの節のHPで告知されていた、"Speed StarvsTrick Star"の文句は上手いと思いました。

 

この試合は船橋市民の応援デーというのもあって珍しく自由席が先に完売し、両日合わせて5000人声の観衆がやって来て、そしてこの試合で観客動員数が10万人を達成しました。シーズンの途中から見始めたばかりの立場でこれを書くのもあれなのかもしれませんが、とても素晴らしい事ですね。この試合を見た人達が、これを機に少しでもバスケットに興味を持ってまたどこかのアリーナに足を運んでくれれば、とても嬉しいです。

ただ、10万人達成はゴールではなくて、あくまでも通過点に過ぎません。まだポートアリーナ開催の試合が残っていますし、更に栃木戦もあるので今後どこまで伸びるのかに注目ですね。

そして、これに続くチームやあるいはこれを越えるチームがもっと出てきてくれば、その時はきっと今以上にBリーグが盛り上がっているのでしょう。

 

試合についてですが、滋賀は西地区6位と順位的には低迷してはいますが先日の試合ではアルバルクに勝利することもある等乗った時の勢いはなかなかの物があり、特に一日目にそれを見せられた形となりました。

そのようなチームを相手に勝てたのは1勝以上に大きいです。連勝が続く中ではありますが、少しでも上を目指すためにはより気持ちを引き締めていきたいですね。

特に交流戦の最後に控えているのは、上位食いの多い京都ハンナリーズですからなおのこと重要になります。

交流戦の最後もしっかりと勝ち星を取っていきましょう!

 

MAKE PROGRESS !

今週末何かあったっけ?まだバイウィークだよね?代表(ただし野球)が試合やってるからバイウィークですよね、お願いですからそう言ってください………………と、言いたくなるような今週の試合でした。

私が把握しているのはスコアだけではあるのですが、チーム状態が最悪に等しいチームが、現時点でのほぼ最強チームに挑んだらこうなる、というのを見せ付けられた2日間となりました。

天翼選手もツイッターで書かれていましたがチームがバラバラである、とのこと。勝てなくなってくるとどうしてもそうなってしまいがちなので、今のこのチームに必要なのは内容が多少悪かったとしても勝つ事なのかもしれません。

 次に控えているのは一歩抜け出したとは言えまだ残留争いが見えている北海道。もしも2連敗すれば1差まで迫られてしまうので、それもあって尚更勝ちたいですね。

それにしてもこのタイミングで遠距離のアウェイゲームなのがもどかしいというか……。

 

そして、四強といわれるアルバルク栃木川崎三河に未だに勝利なし、というのが。新潟よりも成績の悪いチームでもこの四強に勝っている所はあるので、せめて月末の川崎戦、1勝がほしいですね。

 

 

 

これを機に一人一人考えて行きたいこと

https://albirex.com/news/20768.html

 

大阪戦の試合後に発表された件についての処分がありました。

起こした行動を考えれば処分は極めて当然の物です。これをアリーナの外でやれば、普通に暴行未遂と恐喝の犯罪になります。ただし、この処分を下すまでには相当難しい判断を迫られた事でしょう。

それらを踏まえホームとアウェイ、ラビッツの試合やイベント、その全てに入場禁止という決断を下した新潟アルビレックスBBの判断を支持します。

 

あれからまた様々な意見を目にしてその都度考える事もありました。選手とブースターが一触即発の事態になった時に間に割って入るスタッフはいなかったのか、とか様子を見るスタッフはいなかったのか、というのはありますし、人件費がかかってしまったとしても選手を守るという観点ではそういう人がいた方が良いのではないでしょうかと考えました。

私は細かい事情はわかりません。言ってしまえばにわかの野良ブースターです。しかし、たとえ自分から見れば相手に問題があったとしても、実際に手を出してしまえばどう考えたって手を出した方が悪くなります。若干の情状酌量の余地はあったとしても、どうしてそこで手を出してしまったのか、となってしまいます。

何にしても、暴力だけは絶対に駄目です。腹が立ったとしても、それは我慢しなければいけないのです。

 

Bリーグの、バスケットの魅力のひとつとして選手やチームとファンやブースターとの距離の近さがあります。ひとつルールを破ったり問題行為を起こすと、その間に垣根を設ける事になってしまいます。

先日見た記事の中で、千葉ジェッツの阿部選手が「街の中でファンに声をかけられたら嬉しい」というのがありました。それはきっと、全てのBリーガーの心の中にある気持ちでしょう。ファンの熱を近くで感じられる、それは選手にとっても嬉しい事なのです。

その距離が広がってしまう事はブースターやファンは勿論、選手も悲しい気持ちになってしまいます。そんな事になって欲しくはありませんよね。

 

ですから、ファンやブースターも、熱い気持ちを持ちつつも、守るべき所はしっかりと守って応援していきましょう。

試合はないけど感じるホームの空気(メインはパンです)

そうだ、千葉行く前に船橋に寄ってみよう……と思ったのは千葉遠征の数日前。この辺りでもちょっと色々とあったのですがその周りは別の記事にしまして。

 

朝に総武線に乗りながら、いつもは何となく習志野とか船橋を通りすぎていたけどそこが目的地になるなんて夢にも思わなかったなぁ、と考えを巡らせているうちに船橋に到着。


f:id:mai_n:20170308070018j:image

早速こういうのを見つけて阿部さん!なんてテンションが上がります。実はこれが船橋に立ち寄った目的のひとつでもあるのですが。

船橋周辺で沢山展開しているパン屋さん、ピーターパンさんです。

色々と話を聞いているととっても美味しいらしくて、一度行ってみたいとずっと思っていました。駅にあるのはイートインのないJr.なのですがイートインのあるお店もあるようです。

 


f:id:mai_n:20170308070322j:image

開店の少し前だったので並んでパンを購入。なかなか行けないのでついついあれもこれもと頼んでしまいました。

朝を食べていなかったのでベンチを探して、早速一番の名物らしいメロンパンを食べてみようとしたら、ビルにこんな垂れ幕が。


f:id:mai_n:20170308161406j:image

!!!!!

船橋だからもしかしたら何かが見つからないかな……と思っていた矢先にこれを見付けて、興奮しました……。街の中にチームに関する物がある、というのはやはり良いものですね。これが見られただけでも船橋に来た意味がありました。

 

この興奮を胸に抱いたまま、メロンパンをひと口。

 

f:id:mai_n:20170308161325j:image

 

!!!!!!!!

 

私はメロンパンが好きかどうかと言われると微妙です。メロンパンはクッキーの部分もパンももさもさしていて、食べにくいし無駄に量が多くて甘い、そんな印象でした。

そんな私でしたが、このメロンパンは美味しいと感じました。クッキーもパンもサックリとしています。甘さもふんわりとしていて優しくて。販売個数のギネス記録を出した、というのもわかりましたし、メロンパンにはまる阿部選手の気持ちがとてもわかりました。もしかしたらこのパンをきっかけにはまったのかも、そう思わせる味でした。

まだ時間があったのでもう一回並んで買ってしまいましたし……。

 


f:id:mai_n:20170308170500j:image

こちらは明太フロマージュパンです。福岡のふくやさんの明太子を使った明太子とチーズのパン。チーズの風味に明太子がアクセントになっていておかずにぴったりなパンです。

こちらも美味しくいただきました。

 

関東近辺に来たら時間を作って行ってみたいと思う所は沢山あるのですが、そのうちのひとつに入る場所になりました。

今度はイートインできるお店に行ってみたいですね。

 

お腹もいっぱいになったところで、千葉ジェッツ公式Twitterにて教えていただいた、船橋でのグッズ販売店へ。本当は紹介された2店両方に寄りたかったのですが、この後の用事を考えて10時開店のパワーハウス千葉にて、チケットホルダーと下敷きを購入しました。

 

構内のピーターパンが相変わらず並んでいるのを見て人気を実感しつつ、少し早いですが総武線に乗り込み、試合の無い日のちょっとした船橋探訪を終えました。

 

 

そしてこんな事を書いていたら、船橋アリーナ最寄りの北習志野駅で千葉ジェッツの装飾が施されるとの知らせが入ってきました。

…………これは北習志野駅に行かないとですね。パンも買いに行きたいですし。ただいつになるのでしょうか……。

 

 

コラボランチパックを食べてみました

さて、3月1日から新潟県内もしくは一部の関東地方(恐らくランチパックShop?)にて、五十嵐選手が商品開発に協力したランチパックが販売されました。

早速近所のスーパーやその近くのドラッグストアを回ってみましたが、普通のランチパックはあるのですがコラボランチパックは見当たらず。コンビニにも無かったので、「もしかして、ここを山形県の飛び地にしたり船橋の飛び地にしたりしたから見つからないんだろうか……」との懸念を胸に抱きつつ。

 

バスケとは別件の遠征で千葉へと向かう日に、あればいいなと駅前のスーパーマーケットへ向かいパン売り場を見ると……。

 

ありました!

早速、鳥そぼろたまごとはちみつマーガリンをそれぞれ一個ずつ確保し、関東へ向かう電車へ。

 

f:id:mai_n:20170307081704j:image

 

パッケージはこんな感じ。ランチパック名物の男の子と女の子がアルビBB仕様になっているという細かい所も見えます。

パッケージの後ろには五十嵐選手の紹介も載っていました。バージョン違いで説明文も違っているポケモン図鑑とは異なり鶏そぼろたまごとはちみつマーガリンのは同じでした。

 

肝心のお味の方ですが、私はそれほどランチパックを食べない人なのでこれが普通のランチパックと比べて美味しいのかどうかは全くわかりません。

ただ、どちらももう一回買ってもいいかなと思うくらいに美味しかったです。

鶏そぼろたまごは、鶏そぼろが思っていたよりも甘くておかず系のしょっぱさを想像していたらそれとは違う感じですが、その甘さがどこか安心出来る美味しさでした。お昼食べるには良いランチパックでした。

はちみつマーガリンは想像通りに甘かったです。マーガリンなので思ったよりは重いものではなくて、こちらは朝食やおやつにぴったりだと思いました。元がホットケーキなのでトーストして食べたらどうなるのでしょうか。今度買ったら試してみたいですね。

 

発売はいつまでかはわかりませんが、場所によっては品薄になっているらしいので、見かけたら早めに確保しておく事をおすすめします。

反響があれば第2弾とかあるのでしょうか……