Rainbow Road & The Dreamland

バスケも楽しいし色々と語りたくなったのではじめました

その行為は誰の為か。

今回のは長文です。

 

https://albirex.com/news/20232.html

 

該当の試合は私も現場にいました。26日の方は一階コートエンドにいたので何があったかは見えませんでした。

家に帰ってサッカーの方の贔屓が8年ぶりに開幕戦で勝利を飾ったので気分が少し上がっていた所にこのニュースが入ってきて、本当に言葉にならなかったです……。この件で頭が一杯になってしまって。とても残念で気分が落ち込んでしまいました。

 

私は本格的に見始めたのが今年からで、一人観戦であるのもあってか、新潟の野次や罵声が酷いというのはそれほど実感がない人でした。というか耳には入って来なかったです。

しかし、一部で新潟のブースターの評判が悪いのを聞き、自分の知ってる範囲ではそんなに酷いとは思わなかっただけに、そのような評判を初めて聞いた時はそんな事になってるとは、と思ったものです。

それ以降も新潟は野次や罵声が酷い、という認識を改めて強くするような話が度々フォロワーさん経由で聞こえてきました。もしかしたら、サッカーではゴール裏でも見るタイプの私なのに新潟のブースター席に行かなかったのはそれがあったのかもです。

 

私はサッカーファン兼任でもあるのですが、そちらでもスタジアムでの暴力行為や行きすぎた罵声や威嚇は絶対に許さない、という立場を取っているので、尚更新潟でこのような事件が起こってしまった、というのが悲しくやりきれない気持ちになっています。

何故そこまで暴力行為を許さないのか、というのは色々な理由がありますが、一番大きい理由としてはやはり、自分の大好きなこの場所がなくなってしまうきっかけに十分なりうるからです。

Bリーグはまだ出来たばかりのリーグです。チームもプロ野球のチームに比べればまだまだ赤ちゃんのような物です。暴力行為や罵声で行かない人が出てきたり、スポンサーが離れてしまえば、それが積み重なりチームの経営が悪化したり最悪はチームがなくなってしまう事が起こり得ます。

それが嫌だから、私はこうして声をあげているのです。

 

更にBリーグは選手やチームとファンの距離の近さを売りにしている所があるので、このような件でチームとファンの間に垣根を置かなければいけない、というのはお互いにとってとても辛い事ではないでしょうか。

 

木下選手についても様々な意見がありますが、私はブースターの所へと向かった事、こうしてSNSで問題提起を行ったこと、この双方で木下選手の行動を支持します。批判を受けるのも覚悟でこの行動を起こしたのでしょう、素晴らしいです。

この大阪戦2連戦のプレーも印象に残るものでしたが、更に強く記憶に残る選手となりました。

 

色々と言いたいこともあるのかもしれません。ストレスが溜まる日も、納得のできない事がある日もあります。でも、それは自分の胸の中にぐっと押し込めてください。貴方の行動が理由で、他のファンや選手に迷惑がかかってしまって貴方の大好きな場所が失われてしまうかもしれないのですから。

自由のために我慢しなければいけない、そんな事もあるのです。

 

そして、Bリーグの各チームにはこの機会に選手や他のブースターに対しての迷惑行為や暴力行為を断じて許さない、というのを徹底してください。例え相手が誰であろうとも、遠慮しないでください。そんな事をする人はその時点でブースターではありません。

 

以上、類似の件がこれ以上発生しない事を心から願いつつ。