読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rainbow Road & The Dreamland

バスケも楽しいし色々と語りたくなったのではじめました

大阪戦ではよくあること、では困る

遅くなってしまいましたが大阪戦の観戦記というか振り返りをやってみます。

 

とある問題ばかりがクローズアップされてしまった大阪戦、肝心の試合内容についてはと言いますと……。

 

両日共に完敗というに相応しい試合だったかな、と……。Game1はフォロワーさんが来るというので一緒に観戦し、Game2はGame1の結果を受けてじゃあ今回はホームサイドのゴール裏へ行ってみよう、と考えてそこで見ていました。

一日目来ていたフォロワーさんから「新潟は大阪にあまり勝ってない」と言われて不安があったのですがその不安が見事に的中。大阪に面白いようにシュートを打たれてそしてそれが高い確率で決められる。ただし、大阪にも守備に難があったようでそれでも80点以上は決めていました。それでも勝てない……。

またこの日はアルビレックスコラボデー、ということでサッカーのPVもやっておりかつサッカーのアルビサポーター向けの割引もありました。そんな試合だからこそいい所を見せたかったのですが……。どっちに肩入れしているとかの立場でもなければ、たくさん点の入った楽しい試合だったのかもしれませんが。

二日目は大量失点した一日目の反省を受けてなのか、固い試合でしたし何よりも大阪の銚子が一日目に比べて良くなさそうですからこれは行ける、という雰囲気がありました。思うように点を重ねられない大阪に比べて新潟は上手く回っていました。ここに、「ただしハーフタイムまでは」という語句が付くのがあれですが。

ハーフタイムで持った懸念がまさに的中してしまう形になってしまいましたね……。3Qから崩れるのは渋谷戦と同じでした。on1が新潟の課題、とはよく言われていますが見ている限りではon1というか3Qが新潟の課題なのではないでしょうか。

 

 

言えることはひとつ。

 


f:id:mai_n:20170306070142j:image

ガードナー早く戻ってきて!

 

これに尽きます。

この状況で次はよりによってアウェイの栃木です。果たしてどうなることやら……。