読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rainbow Road & The Dreamland

バスケも楽しいし色々と語りたくなったのではじめました

背番号83の意味は「『は』ままつ」と「東『三』河」だそう

三遠戦でした。客席がアフロで染まっていました、と書くとエイプリルフールのネタかと思われるかもしれませんが本気のアフロデーのイベントが行われていました。

テーブルオフィシャルやモッパーもアフロを被っていたり、更にハーフタイムに子供たちがアフロの争奪戦を行うという多分ここが初めてのイベントをやっていて三遠ネオフェニックスの本気がうかがえました。

アルード君も豊橋まで遠征したそうですが、これを見て何かを感じてこれからのイベントに活かしてくれると嬉しいですね。

 

 

試合についてですが、一日目はアフロデーのきっかけとなったチルドレスに押されながらもオーバータイムで勝利しました。相手の三遠が地区2位ででありCSを目指すためにも負けられなかった立場としては大きな1勝でした。

ただ2日目は三遠の上手さと自分達の自滅で敗れてしまいました。連勝することの難しさを北海道戦で知りましたが、またしてもそれに阻まれてしまいました。

上位の強豪たちは、それを十分に知った上でここまで勝ち進んで来てこの立ち位置になっている訳です。そこに並ぶ、とは行かなくても手に届くための挑戦権を得るためには、まだまだ足りないものがありますね……。

 

さて、次もアウェイになり相手は富山グラウジーズ。bj時代からしのぎを削ってきたライバルで、仙台で見た時の印象としては得点力のある良いチームという印象でしたし、抱き枕と戯れるヒルキ先生目当てで見た富山渋谷の試合運びはなかなかの物がありました。

順位こそ中地区最下位ではありますが、直近の対戦は5割を取っていて、中地区で対戦した時のイメージでいては食われてしまいます。アウェイではありますが、連敗の分を取り返しCSへの可能性を繋げる為にも、勝ってホームへ帰ってきてください。