読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rainbow Road & The Dreamland

バスケも楽しいし色々と語りたくなったのではじめました

まずは一段落、ではありますが

私の家からは何気に船橋に行くより遠い秋田との試合です。中継を見ていたのですが、クレイジーピンクと呼ばれるホームの熱い秋田ブースターの中でも、GoJETSコールとディフェンスコール、相手フリースローのブーイングがしっかりと聞こえていました。

 

その秋田戦、一日目は思うような試合運びが出来ずに逆に秋田の調子のよさに飲み込まれて、栃木とアルバルクを追う上ではとても痛い敗戦を喫してしまいました。さすがアルバルクを破っているだけあって、秋田の底力を見せつけられたと同時に、自分も含めて秋田になら勝てるだろう、というような甘さもどこかにあったのではないか、と感じましたね。

ただ、翌日はこの反省を活かして鬱憤を晴らすような勝利を見せてくれました。諸事情で前半はスコアのみで見たのは後半からでしたが、見事な勝利でした。内容よりも何よりも、連敗しない事が一番大事です。

 そして、この勝利で千葉ジェッツは5チーム目のCS進出チームとなりました。ちょっと焦ってしまって、西2位琉球と西3位名古屋が全勝したパターンだと抜かれる可能性もあるのでは?と考えましたが、全勝しても琉球と名古屋の順位は入れ替わりませんね……。それを頭から抜けてました。

 

東地区上位を狙うための戦いはまだまだ続き、次はホームで栃木との試合になります。栃木は言うまでもなく強豪でそしてファンの力も熱い物があります。

そんな栃木の事を偵察するべく、栃木県民へ向けた放送を傍受して見ました。

そうしたら、選手がラジオパーソナリティをやっていて、更にそのラジオにまた別の選手が出演していた、のは普通ですがもう一人、選手のお子さんが出ていました。とても癒されました。可愛かったですね。

うっかり栃木がどんな練習をやっていたかとかをポロっと出さないかを期待してラジオを聴いていたのですが、妙な面白さがあって時間が過ぎてしまい、知る事が出来た極秘情報は選手のカラオケ事情くらいでした。渡邉裕規恐るべし……。

 

と、ネタはこのくらいにしておきまして、天皇杯で勝っているのですからホームだし今回も、という人も多いでしょうが、何試合か見た中では栃木はかなり隙のないチームです。

アウェイで苦手な渋谷を相手にダブルオーバータイムにもつれ込みながらも勝ち、そして前の試合では追いすがるアルバルクを突き放しての勝利。千葉はプロチームとして初めての天皇杯制覇をしましたが、元祖プロチームとしてNBLを制覇した事もある栃木の東地区優勝とそしてBリーグ王者のタイトルへの渇望はとても強いでしょう。

だからこそ、簡単な相手ではありません。難しい戦いになりそうですが、相性のあまり良くない栃木に勝って東地区2位を狙いましょう!CSは決まりましたが、ここがゴールではありません。もっと高くを目指してください。