読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rainbow Road & The Dreamland

バスケも楽しいし色々と語りたくなったのではじめました

Red Hot in Yoyogi

すごい物を見た、そんな試合でした。

 

としか言えない、終わった後に思わず言葉を失ってしまうような試合、それがこのアルバルク東京戦の2日間でした。

勿論私は現地には行っておらず、スポナビライブ越しに魂を送っていました。しかし、画面の向こうからでも十分熱気と迫力が伝わってきました。

Bリーグの4強のひとつとして数えられる強豪チームアルバルク東京。このチームを倒す、という事を目標にやって来たチームです。

1日目はアルバルクにリードを奪われ、やはり最強軍団でありここまで来ても叶わないのか、と思わされた最終盤にてショットクロックを殆ど使わなかった石井選手の3ポイントシュートから息を吹き返しオーバータイム、その上でオーバータイムで勝つ、という試合でした。この激戦を制したのは大きい、と思っていたら。

2日目、こちらは途中に19点差リードまで開き、勝ち越しのための11点差をつけての勝利も行ける?と思ったのですが、さすがはアルバルク東京です。隙をついてどんどん点差を狭め、気付けば一桁点差へ、更に気付けば4点差で残り1分を切り、更にこの2日間当たっていたアルバルク田中選手へのファウルでフリースロー3本。この2日間史上最大のピンチをブースターの力で乗りきり、ぎりぎりながら勝ちました。本当はもう5点欲しかったですが、贅沢は言えないですね……。

そして西村選手や伊藤選手と言った、ここまでベンチにいた選手の活躍が目立っての勝利であるのも何となく嬉しい物がありました。

 

次節は仙台が相手です。少々苦しい戦いを強いられてしまっている仙台ではありますが、それをカバーするほどの気持ちの強さが仙台の武器でもあります。

残りのホームゲームも少ないですが、悔いの無いように後押しして、チームを勝利へと導きましょう!