読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rainbow Road & The Dreamland

バスケも楽しいし色々と語りたくなったのではじめました

念組の一人として想いを空へ

東地区2位突破のかかった遠い北海道でのレバンガ戦。1日目はレバンガがコカ・コーラとのコラボという事でユニフォームがコカ・コーラ色になったり(それに合わせて北海道の野口選手が髪を赤に染めてました)とレバンガのホーム最終戦もあってか少し違う雰囲気での試合となりました。

この試合はスポーツバーでのPV組もいたそうですが、TLを見る限りでは盛り上がっていたようです。旅行費が高くなる時期にも関わらず北海道までやって来た人達とも合わせて、とても頼もしいですね。

 

そんな北海道戦でしたが、両日通じてぎりぎりの戦いでした。1日目も終盤近くまでは結構競っていましたし、2日目は途中からtwitterとスコアを追っていたのですが不穏な呟きにハラハラする展開でした。北海道は何試合か見たのですが、ロースコアの試合に強いチームでスコアを見て北海道の思惑が当たってしまったのか、と頭を抱えかけました。

とはいえ、連勝しました。残念ながら2位のアルバルク東京も連勝したため順位は変わらず3位でワイルドカード1位でのチャンピオンシップ進出という状況でしたが、この接戦を物にしての連勝は大きいのではないでしょうか。

勿論改善点は数多くあるでしょうし、そして途中で引いてしまったアームストロング選手の状態もまた気になるのですが(大事でない事を願います……)、チャンピオンシップを勝ち残れるように手を打っている事でしょう。

 

相手はアウェイで栃木ブレックス。1回戦から栃木かと思う向きもあるかもしれませんが、強豪の栃木であるのでここで当たっていなくてもいずれは戦うであろう相手です。

直近のリーグ戦では連勝してはいますが、それはギブス選手が出場していなかった故にという部分も少なからずあり、そのギブス選手は確実にこの試合では戻ってくる事でしょう。

天皇杯で敗れホームでも連敗を喫したのでこの試合に対する栃木の意気込みは並の物ではありませんし、ましてやBリーグ初年度の優勝を勝ち取りたい気持ちはとても強いです。並みの覚悟で行っては勝てない相手でしょう。

強豪と言われるチームが強豪であるのは、ここぞという勝負どころで勝ってきた事を積み重ねてきているからです。そこは調子が良いとか勢いがあるとか当たればすごい、というだけでは勝てない事です。そして、強豪チームはこのような所での戦い方を熟知しています。

ここからは今までとは全く違う世界でしょう。レギュラーシーズンとも、恥ずかしながら私は知りませんがNBL時代のプレーオフとも。我々は挑戦者であるのだ、その気持ちを常に胸に持ち、強豪に殴り込みをかけるようなつもりで戦いそして準決勝へと駒を進めてください。

 

願わくば。

1日でも1分でも1秒でも長く、この16-17シーズンの千葉ジェッツというチームを見られ続けますように。