Rainbow Road & The Dreamland

バスケも楽しいし色々と語りたくなったのではじめました

夢の続きは次のフライトへ

CS制覇を胸に秘めて挑んだ栃木ブレックスとの試合は2敗に終わりセミファイナル進出はならず、千葉ジェッツの2016-17シーズンはこれで終了となりました。

1日目は諸事情で試合を見られなかったのですが、2日目は見ていて1日目のリベンジをここで果たすぞ!という所で迎えた2日目、千葉の調子がかなり良いようで一時は20点差も付けてGame3に手が届くか……と思っていました。20点差なんてセーフティリードではない、とわかってはいましたが私の中ではどこかに油断があり、Game3へと意識が向かっていました。

忘れていました。栃木が強豪と呼ばれるチームである事を。そしてここが栃木のホームである事を。

連続得点を許しこちらの攻撃は失敗するかブロックに遭い続け気がつけば追い付かれ、逆転された後は何もなすすべもなく、2016-17シーズンは終わりました。言い訳のしようもない自滅でした。良いときは良いし手がつけられない、ただし駄目な時には駄目だという色々な意味で若いチームらしさを最後の最後で出してしまった、それに尽きます。

本気の強豪チームというのは、そしてホームを味方に付けて戦えるチームはこうなのだ、という先輩の意地を痛いほど思い知りました。

天皇杯を手に入れて行ける気になっていました。しかしまだまだ足りない物はたくさんあった、という事です。

これからのチームがどうなるかはわかりませんが、次のシーズンはその「足りない物」を手に入れて、そして今度こそチャンピオンシップを制する、そういうシーズンにするという目標ができました。

 

途中からこのフライトに参加した立場でしたが、とても楽しかったです。来年こそはもっと高く遠くへと飛んでいきましょう!1年間お疲れさまでした。