Rainbow Road & The Dreamland

バスケも楽しいし色々と語りたくなったのではじめました

それぞれの道が充実していますように

不注意で時間をかけて書いた記事が消えてしまってがっかりしながら再びもう一度書いています。

 

さて、富樫選手の契約更新はどうなっているのでしょうか、イベントに出ているから大丈夫ですよね……。等と思っていたら、三河からギャビン・エドワーズ選手、渋谷からアキ・チェンバース選手の二人が千葉にやって来ました。まずはようこそ千葉ジェッツへ。

二人とも実績のある選手で補強としてはなかなかの物です。特にエドワーズ選手は日本でやっている選手なので、全く日本を知らない選手を取るよりはチームにも馴染みやすそうですね。全く関係ない事ですが、航空関係も密かな趣味のひとつなので(だから千葉ジェッツに惹かれたというのもあります)、ファーストクラスの搭乗記とかを探すつもりで検索をかけたら、エドワーズ選手の「チームもブースターもファーストクラス」と書いた記事が出てきて思わずニヤリとしました。

チェンバース選手は私も勘違いしていたのですが、日本国籍扱いになります。ガードの選手ということで、もしかしたら原選手をスモールフォワードとして使う事も増えるのでしょうね。

ちなみに両選手の背番号発表はまだ無いですが、WEBショップのユニフォームの通販にてエドワーズ選手は21、チェンバース選手は10とさらっとばらされています。

とにかく、心から期待しています。どんなバスケを見せてくれるのか楽しみですね。

 

それからしばらくして富樫選手の契約更新も発表されました。日本に残るんだろうなぁとは思っていましたが、PG不足のあのチームやこのチームが頭に浮かび心配もありましたが、良かったです。やはり富樫選手がいてこその所もありますからね。

 

そして、千葉との契約満了が発表されたヒルトン・アームストロング選手が琉球入りと。これもこれでまた驚きがありましたね……。もしかして再契約もあるかなと考えていたのも更に拍車をかけました。

千葉での貢献度の高さを見てみますと、琉球でも活躍してくれそうです。勿論それは脅威を意味するわけで……。琉球と言えば石崎選手や二ノ宮選手、アイラブラウン選手に栃木の須田選手と古川選手と積極的な補強の目立つチームで、強豪に殴り込みをかけてくるチームになりそうです。

ですが一方で、次のシーズン日本でのプレイを選ばないという道もあったかもしれないヒルトン選手がまた次のシーズンも日本に残る事を選んでくれた、というのが何となく嬉しくもあります。敵として対峙する日が来るのが怖いようで楽しみです。